平成18年04月01日(第2316号)

  

 
    NECインフロンティア㈱  
   
      
フードフロンティア
     FoodFrontia
  

    

  
 

NECインフロンティア㈱では3月1日より、外食企業の店舗システムと本部システムを一本化し、情報の流れを一元的に管理できるフードビジネストータルソリューション「FoodFrontia(フードフロンティア)」を開発した。外食企業の店舗から本部まで、ハードウェア・ソフトウェアを含めワンストップに提供・構築できるソリューションは業界初となる。
 FoodFrontiaだけで、運営形態を問わず幅広い外食企業のシステムをまとめて構築でき、店舗におけるメニュー管理や売上管理などの運営管理はもちろん、全店舗の売上・利益管理、発注業務等や勤怠管理などのマネジメント業務まで一元化することが可能となる。
 また、システムを統合することで、店舗と本部が情報を共有でき、その情報をWebを介してリアルタイムにデータを送受信することで、本部側では迅速な経営判断を行なうことができるだけでなく、店舗側では業務の効率化につながるなど、全社的な業務の改善を図ることも可能だ。  昨今の外食産業は、厳しい市場動向が続く中、M&Aの加速や異業種の参入、新業態の展開など、経営戦略の多様化が進んでいる。一方、店舗運営のトレンドとしては、高級志向と低価格戦略の二極化が進んでいるが、経営戦略の多角化もあり、1つの外食企業が傘下に高級/低価格の双方の店舗を抱えたり、テイクアウト中心のブランドとテーブルオーダー中心のブランドの双方を持つといったケースも増えている。
 FoodFrontiaでは、そのようなオペレーションの違う店舗のシステムを、ひとまとめに管理することができ、また、それを本部側で一元的にコントロールできるため、多業態企業内のシステムを一本化し、素早い意思決定のできる環境を整備することができる。


■問合先■

NECインフロンティア(株)
販売推進本部POS販売推進部
  電話 03-5282-5847

copyright(c)2004 デパート新聞 CO.,LTD