平成19年05月15日(第2342号)

     
 アサヒビール㈱  


 
   
   アサヒカクテルパートナー
 
  
マンゴーオレンジ  ブルーハワイ  ガラナ&コーラ  

    

 

アサヒビール㈱は、低アルコール飲料の中核ブランドである缶入りカクテル『アサヒカクテルパートナー』の基幹シリーズから、新商品3品種を5月8日(火)から全国で販売を開始した。
 今回発売する新商品は、『アサヒカクテルパートナー マンゴーオレンジ』『同 ブルーハワイ』『同 ガラナ&コーラ』で、いずれも缶500・350の2サイズ。
 3品種ともアサヒカクテルパートナーの特徴である、スッキリみずみずしい味わいに仕上げられているが、『マンゴーオレンジ』はマンゴーリキュールの甘酸っぱさとあらごしオレンジ果汁の深みのある酸味が特徴。また『ブルーハワイ』は、パイナップル果汁とレモン果汁の甘酸っぱさにオレンジリキュールとラムの濃厚感を加えており、トロピカルな気分を楽しめるスッキリした味わい。さらに『ガラナ&コーラ』は、ウオッカをベース酒として、ガラナエキスとレモン果汁にコーラの風味を加え、爽快な味わいとなる。なお「ガラナ」は南米原産のつる植物で、ガラナエキスはその種子から抽出されたもの。
 ちなみに『アサヒカクテルパートナー』は基幹シリーズを本年2月にリニューアルさせたが、今年11月には発売10周年を迎える。“缶入りカクテル”という独自の特徴を訴求し続けてきた結果、販売数量は1997年の発売以来毎年伸張を続け、昨年は前年比104%・年間販売数量1000万箱(1箱=250×24本換算)に達し、今回販売を開始した3品種を加えた計16品種の新ラインアップで、更なる活性化を目指す意向だ。
 なお希望小売価格は缶500が191円、350が141円(いずれも税別)となる。


【問合先】
     アサヒビール㈱
          お客様相談室
      フリーダイアル 0120-011121


copyright(c)2004 デパート新聞 CO.,LTD