平成20年02月01日(第2358号)

     
     日本工機㈱  


 
ネットランチャーAL
 
 
TypeⅡ
 TypeⅡ-S

    
 

    

 

日本工機㈱(本社:東京都港区/代表取締役社長:中山弘道)は、スイッチを押すだけで瞬時にネットが飛び出して不審者にからみつく画期的な防犯器具「ネットランチャーAL」の性能をアップして、1月22日〈火〉より販売を開始した。性能アッフのポイントは、
①屋内用だった従来品の発射力を高めたことにより、いずれも屋外(同社調査による日本の主要地方都市における、おおよその平均風速3m/sの条件下で射程距離3.5mまで使用可)でも使用できるようになった。
②ネットの発射音を、従来品より大きく(109dB→117dB)し、威嚇効果を高めた。
③ネットのサイズを大きく(3×3m→3.2×3.2m)し、また、ネットの引張り強度を強く(25%アップ)して、拘束力をアップ。持にTypeⅡ-S についてはひきヒモを装着し、グリップごと手前に引き寄せることでネットがしまり、拘束力をさらに高めた。
 などとなる。なお価格は、グリップ(本体/発射台)付の価格は「ネットランチヤーAL TypeⅡ」が3万6750円(税込)、交換用カートリッジ1万5750円(税込)。またひきヒモのついた「ネットランチヤーALTypeⅡ-S」は3万8850円(税込)、交換用カートリッジ1万7850円(税込)となる。
 ちなみに販売先は自治体、警察、学校、保育園を始めとして、金融機関やコンビニエンスストア、防犯ボランティア、病院等の法人(個人には販売しない)を想定しており、初年度の販売日標は3000本を見込む。


【問合先】

 日本工機㈱

         電話03-3436-1222

copyright(c)2004 デパート新聞 CO.,LTD